生活は明らかに違う

リア充は生活の習慣として、そうではない人と何が違うのかを知るのが、人生を充実させるためには欠かせません。毎日何でもいろんなことをこなして刺激だらけの人生だというイメージが有りますが、少し見方を変えれば常に予定がある生活は単純に忙殺されているだけになることもあるため、本人が充実していると感じるか、忙しくて死にそうだと感じるか、その点でも自分がどちら側の人間なのかは認識が変わります。ですから、単純にあれもこれもと手を出していけば生活は変わりますが、必ずしもそれは自分がリア充になれるものというわけでもないということはわかっておきたいところです。よって、リア充になるために見習うべきところは、生活の中での行動が先に来るわけではありません。毎日を楽しむためにどんな生活をしているのか、その点について目を向けていけば充実に突き進むための習慣が見えてきます。例えば、睡眠不足の状態はなるべく避ける。この点は、思っている以上に重要です。時にはオールナイトでぶっ飛ばすような、そんな夜があってもよいでしょう。しかし、夜通し遊んだあとの疲労感がとてつもないことからわかるように、睡眠不足は生活の中で充足感を奪う厄介な問題です。毎日が充実していると感じる人には、周りが思っている以上に睡眠時間をきっちり確保している傾向にあるということがわかっています。寝不足で仕事に行くのが辛いように、遊んでいても眠いと楽しみきれないように、充実感を得るための生活習慣で重要なのは、睡眠時間を確保するという点だと言えるでしょう。